人気証券会社ランキング

      2017/01/10

head2

人気証券会社ランキング

失敗の無い証券口座を選ぼう!

私のサイトでは、口座は複数持つべきだと言ってきました。
その人の投資スタイルによって開くべき口座が違います。

そうは言っても、どの口座を作ればいいのか分からない・・・そんな悩みが数多くメールで寄せられました。

そんな悩みを解決するためにオススメ組み合わせランキングを作りました。メインにすべき口座、激安手数料目当ての口座、独自のサービス目当ての口座など色々な角度から総合的に考えて、目的別に『この3つの口座を作っておけばまず失敗はない』というBEST3のプランを作りました。

目的別 組み合わせ
とりあえず少額投資からはじめたい 少しずつゆっくり資産形成をしていきたい デイトレードなど、頻繁に売買したい
1位の組み合わせ 「SBI証券+ライブスター証券+マネックス証券」
2位の組み合わせ 「SBI証券+マネックス証券+楽天証券」
3位の組み合わせ 「GMOクリック証券+楽天証券+ライブスター証券」
※ページ内の手数料表記は全て税抜き表記になっています
最新総合ランキング
ranking-48-15[1] マネックス証券button11
ranking-48a-16[1] SBI証券
ranking-48a-17[1] 楽天証券
4位 ライブスター証券

当サイトとタイアップ中

5位 岡三オンライン証券
6位 安藤証券
7位 GMOクリック証券
8位 カブドットコム証券
9位 松井証券
10位 SMBC日興証券
※ランキングは前月の当サイトからの資料請求の数の多い順に並んでいます。
情報ツール満足度ランキング
1位 楽天証券
2位 マネックス証券
3位 SBI証券
4位 岡三オンライン証券
5位 安藤証券
手数料満足度ランキング
1位 ライブスター証券
2位 岡三オンライン証券
3位 マネックス証券
4位 GMOクリック証券
5位 SBI証券参考:手数料比較ランキング表
サポート満足度ランキング
1位 楽天証券
2位 マネックス証券
3位 SBI証券
4位 ライブスター証券
5位 カブドットコム証券

ranking-48-15[1]SBI証券+マネックス証券+ライブスター証券

「初めてなのでとりあえず少額投資からはじめたい人向け」

SBI証券
2016y04m05d_170321817 ★SBI証券は、全証券会社の中でリーダー的存在で手数料、取り扱い商品数、サイト自体の使い易さ、信頼度など総合面で他社を圧倒してます。楽天証券と一緒で大黒柱として必ず持っておきたい口座です。

投資信託、海外投資信託の種類がネット証券中トップの1275本(2016年3/19現在)。
>さらに詳しい解説はこちら

公式ページ(口座開設申し込み)
https://www.sbisec.co.jp/ETGate
手数料 10万~ 10万~ 10万~ 10万~ 10万~ 10万~
139円 139円 139円 139円 139円 139円
SBI証券のここがポイント
ネット証券の中で口座開設数がNo1
投資信託取り扱い数が全ネット証券中No1!
IPO取り扱い数もNo1!

SBI証券の口座開設・資料請求

マネックス証券
 2016y04m05d_173140395 ★初心者ビギナーの方はまず「ワン株」目当てでもかまいません。練習台として大いに利用して下さい。マネックス証券は手数料も安い部類に入るし、株の管理画面など、全体的に初心者向けの作りになってて、パソコンに不慣れな人でも扱いやすいという印象です。

>さらに詳しい解説はこちら

公式ページ(口座開設申し込み)
http://www.monex.co.jp/
手数料 ~10万 ~20万 ~30万 ~50万 ~100万
100円 180円 250円 450円 指値注文1500円 成行注文1000円
マネックス証券のここがポイント
ワン株という制度でどの銘柄でも1株から株を買える!
米国株手数料が全ネット証券中最安!最低手数料5ドル(税抜)
日々投資判断を配信する「マネックスシグナル」がある

マネックス証券資料請求&口座開設

ライブスター証券
  ★全証券会社の中で最安手数料のライブスター証券をここで押さえておきましょう。資産運用初心者にとって手数料の安さは魅力が非常に大きいです。

>さらに詳しい解説はこちら

公式ページ(口座開設申し込み)
http://www.live-sec.co.jp/
手数料 ~5万 ~15万 ~25万 ~50万 ~100万
80円 97円 180円 180円 340円
ライブスター証券のここがポイント
口座開設後約2カ月間、現物株、信用取引の取引手数料無料!

ライブスター証券 口座開設・資料請求

ranking-48a-16[1]SB I 証券+マネックス証券+楽天証券

「少しずつゆっくり資産形成をしていきたい人向け」

SBI証券
2016y04m05d_170321817 ★SBI証券は、全証券会社の中でリーダー的存在で手数料、取り扱い商品数、サイト自体の使い易さ、信頼度など総合面で他社を圧倒してます。楽天証券と一緒で大黒柱として必ず持っておきたい口座です。 投資信託、海外投資信託の種類がネット証券中トップ!!

>さらに詳しい解説はこちら

公式ページ(口座開設申し込み)
https://www.sbisec.co.jp/ETGate
手数料 10万~ 10万~ 10万~ 10万~ 10万~ 10万~
139円 139円 139円 139円 139円 139円
SBI証券のここがポイント
ネット証券の中で口座開設数がNo1
投資信託取り扱い数が全ネット証券中No1!
IPO取り扱い数もNo1!

SBI証券の口座開設・資料請求

マネックス証券
 2016y04m05d_173140395 ★初心者ビギナーの方はまず「ワン株」目当てでもかまいません。練習台として大いに利用して下さい。マネックス証券は手数料も安い部類に入るし、株の管理画面など、全体的に初心者向けの作りになってて、パソコンに不慣れな人でも扱いやすいという印象です。

>さらに詳しい解説はこちら

公式ページ(口座開設申し込み)
http://www.monex.co.jp/
手数料 ~10万 ~20万 ~30万 ~50万 ~100万
100円 180円 250円 450円 指値注文1500円 成行注文1000円
マネックス証券のここがポイント
ワン株という制度でどの銘柄でも1株から株を買える!
米国株手数料が全ネット証券中最安!最低手数料5ドル
日々投資判断を配信する「マネックスシグナル」がある

マネックス証券資料請求&口座開設

楽天証券
 2016y04m05d_173413771 ★大黒柱的存在の楽天証券ですが、実は「米国株」への力の入れ様は他の追随を許しません。米国株を考えているならゼッタイに口座を持っておいて下さい。

>さらに詳しい解説はこちら

公式ページ(口座開設申し込み)
https://www.rakuten-sec.co.jp/
手数料 ~10万 ~20万 ~30万 ~50万 ~100万
139円 185円 341円 341円 609円
楽天証券のここがポイント
「超割コース」があり、手数料が10~30%まで割引される
全ネット証券中、最も使いやすいトレードツールの「マーケットスピード」がある
「マーケットアロー」という日々の投資アドバイスメールサービスで知力を高められる

楽天証券の口座開設・資料請求

ranking-48a-17[1]GMOクリック証券+楽天証券+ライブスター証券

「デイトレードなど、頻繁に売買したい人向け」

GMOクリック証券株式会社
 2016y04m05d_174828565 ★デイトレをやるなら、1日の売買代金の合計額によって支払う手数料が決まる「1日定額制」は必須です。定額制でもGMOクリック証券は最安です。短期トレードで大事なケータイトレード環境(モバイル環境)も整ってます。ここの口座に資金を入れて、売買を繰り返すようにするといいでしょう。

>さらに詳しい解説はこちら

公式ページ(口座開設申し込み)
http://www.monex.co.jp/
手数料 ~10万 ~20万 ~30万 ~50万 ~100万
100円 180円 139円 139円 139円

GMOクリック証券 の口座開設・資料請求

楽天証券
 2016y04m05d_173413771 ★頻繁に売買する上で、ネット証券史上最強の投資ツールである「マーケットスピード」はゼッタイに用意します

>さらに詳しい解説はこちら

公式ページ(口座開設申し込み)
https://www.rakuten-sec.co.jp/
手数料 ~10万 ~20万 ~30万 ~50万 ~100万
139円 185円 341円 341円 609円
楽天証券のここがポイント
「超割コース」があり、手数料が10~30%まで割引される
新脱毛機導入で全身脱毛1回が1日で完了!
わかりやすい金額と返金制度!

楽天証券の口座開設・資料請求

ライブスター証券証券
★ライブスター証券といえば、逆指値に代表される「自動売買」が代名詞で、他のネット証券にはない多彩な注文方法が魅力です。デイトレはとにかく、リスク管理が大事なので、リスクをいかに少なくするかという点で、ライブスター証券で色々な注文方法に慣れておくと、投資成績も良くなります。

>さらに詳しい解説はこちら

公式ページ(口座開設申し込み)
http://www.live-sec.co.jp/
手数料 ~5万 ~15万 ~25万 ~50万 ~100万
80円 97円 180円 180円 340円
ライブスター証券証券のここがポイント
口座開設後約2カ月間、現物株、信用取引の取引手数料無料!

ライブスター証券 口座開設・資料請求

 

有名ネット証券一括資料請求

まずこのページで取り上げている証券会社は全て、インターネットで株取引の注文などができるオンラインネット証券です。

丸三証券とかは実際の店舗は街とかにあるんですが、それとは一応区別して
「ネット上専用」として作られたネット証券です。

このページでは、数あるネット証券を比較検討するための資料請求が簡単にできるように配慮しました。

普通は、それぞれの証券会社のHPを開いていちいち資料請求ページを探して・・・っていうふうに面倒臭いのですが、このページだけで数社の証券会社の資料を簡単に取り寄せれます。ぜひ活用してください。

多くのネット証券では「資料請求」と「仮口座開設」がセットになってます

なので、最初のネット上での個人情報入力のトコでも結構踏み込んだところまで入力を求められます。1社につき、約10分程度で申込みは完了します。

資料請求すると、その証券会社の内容と、いろんなサービスの説明が詳しく載ったパンフレットが届きます。

知っておいてほしいのは、
資料が届いた時点ではまだ口座開設は正式に済んでない!ってこと。
ネット上の口座開設申込みはあくまで、「仮口座開設」なので。

「正式に」口座開設したい場合は、一緒に同封されている口座開設申込書に
必要事項を書いて送り返せばOK
です。

パンフレットをみて、これはダメだな~って思ったらそのまま放置で全くかまいません。あとからダイレクトメールがくることもないです。

 

★補足 ~資料請求を早く済ませる方法~
証券会社の資料を請求するために色々と文字を入力する欄があります。
なぜか証券会社の場合、とかく入力する欄が多くてこれが実際、時間かかかります

なので皆さんはこの入力時間を短縮しましょう!
短縮するために、「辞書ツール」を使います。

「辞書ツール」とは、たとえば「マ」と入力してキーボードの変換ボタンを押すだけで、一瞬で「マーサ」と変換できるツールです。

設定方法は↓の写真の通り。
パソコン画面の一番右下のほうに↓のマークが出てるはずです。

nyuuryoku
たとえばこんなふうに使ってます。

「と」と入力したら、「東京都世田谷区○○町1-2-3-301」←住所
「あ」と入力したら、「明石やさんま」←名前
「0」と入力したら、「080ー1234ー5678」←電話番号
「1」と入力したら、「188ー1234」←郵便番号
「め」と入力したら、「abcdefg@yahoo.co.jp」←メアド

っていうふうに一瞬で個人情報を入力できるようにしています。
(変換の際に半角と全角もしっかり区別しましょう)

これを使うようになってからは、いちいち住所を一文字づつ打っていく人が信じられません(笑)それくらい早いってことなんです。

これで短時間で複数の証券会社の資料を請求して、
納得いくまで比較検討できますね。

 

 

 

 

 -