株取引手数料比較まとめ

      2017/02/17

手数料比較 手数料満足度ランキング

このページでは現物株取引の売買手数料をランキング形式で比較してます。
※成行注文と指値注文で手数料が違う証券会社があります。さらに、パソコンから注文するのとスマホから注文するのとで手数料が違う証券会社もあります。そのあたりもしっかり把握してないと正しい証券会社選びは出来ないはずです。私が見る限り、多くの比較サイトはこのあたりを区別しないで不明確な手数料を書いてるので注意してください。 ※万が一、当ページと公式サイトで手数料が違う場合はこのページ右上のメールボックスからご連絡いただけると助かります。

上から手数料が安い順に掲載してます。キーポイントになる手数料を赤字で表示。

約定ごと手数料一覧(パソコン)/ 約定ごと手数料一覧(ケータイ)/

~2017年3月 手数料キャンペーン実施中の証券会社一覧~
ライブスター証券 2か月間全取引手数料無料
【期間限定】特別タイアップ中!当サイトからライブスター証券に
口座開設+お取引で、もれなく、現金2000円がもらえます

当サイト人気証券会社 1位 マネックス証券 2位 SBI証券 3位 楽天証券

logo72※すべて税抜表記

ネット証券
公式HP
現物取引 売買手数料 約定代金別 マーサ
の解説
~10万 10万~20万 20万~50万 50万~
100万
~150万
ライブスター証券
当サイトとタイアップ中!現金2千円プレゼント
80 97円 180 340 解説ページ
400
GMOクリック証券 88円 213円 399円 797円 528 解説ページ
マネックス証券 100 180 20~30万
250円30~40万
350円40~50万
450円
成行注文⇒
1,000
指値注文
⇒1500
成行注文
⇒約定金額の
0.1%

指値注文
⇒約定金額の0.15%
解説ページ
安藤証券 105 105円 315 525 解説ページ
630
SBI証券 139 185 272 487 解説ページ
582
楽天証券 139 185 341 609 - 解説ページ
SMBC日興証券 120 180 400 800 2000 解説ページ
岡三オンライン証券 99 200 350 600 1000 解説ページ
リテラクレア証券 105円 105円 945円 1995円 1995円 解説ページ
内藤証券 175 400 400 720 1,350 解説ページ
カブドットコム証券 (約定代金×0.09+90)×消費税 解説ページ
エイチ・エス証券 140 470 470 1,050 1,500 解説ページ
大和証券
※口座管理料がかかる
約定代金の0.36225% 約定代金の0.27720%+ 850円 解説ページ
松井証券 約定ごとの手数料体系がありません!
定額制の手数料体系があります。
解説ページ
コスモ証券 約定ごとの手数料体系がありません!
定額制の手数料体系があります。
解説ページ
丸三証券 約定ごとの手数料体系がありません!
定額制の手数料体系があります。
解説ページ
証券会社 10万まで 20万まで 50万まで 100万まで 300万まで マーサ
の解説
約定ごと手数料一覧(パソコン)/ 約定ごと手数料一覧(ケータイ)/

logo81※すべて税抜表記

ネット証券
公式HP
現物取引 売買手数料 マーサ
の解説
~10万 10万~
20万
20万~
50万
50万~
100万
100万~300万
GMOクリック証券 パソコンと同じ手数料 解説ページ
マネックス証券 100 180 20~30万
250円30~40万
350円40~50万
450円
成行注文⇒
1,000
指値注文
⇒1500
成行注文:約定金額の0.1%

指値注文:約定金額の0.15%
解説ページ
エイチ・エス証券 100 105 315 520 1,040 解説ページ
ライブスター証券 パソコンと同じ手数料 解説ページ
リテラクレア証券 パソコンと同じ手数料 解説ページ
楽天証券 パソコンと同じ手数料 解説ページ
SMBC日興証券  パソコンと同じ手数料 解説ページ
SBI証券 パソコンと同じ手数料 解説ページ
内藤証券 パソコンと同じ手数料 解説ページ
カブドットコム証券 パソコンと同じ手数料 解説ページ
大和証券
※口座管理料がかかる
ケータイトレード不可 解説ページ
松井証券 約定ごとの手数料体系がありません! 解説ページ
コスモ証券 約定ごとの手数料体系がありません! 解説ページ
丸三証券 約定ごとの手数料体系がありません! 解説ページ
証券会社 10万まで 20万まで 50万まで 100万まで 300万まで マーサ
の解説

株取引 手数料比較を分析

まず今では「口座管理料」はほとんどの證券会社で無料です。
つまり、証券口座を作るだけ作って放置してても、何の費用もかからないです。

これはもう常識!

証券会社を選ぶうえで、手数料が安いところを選ぶのが基本です。

ただそれだけじゃなく、情報ツールとそのツールの使いやすさ、サポートの良さなどを総合的に考えて選ぶと良いでしょう。

というのも、株で勝つためには、情報ツールが充実してることが結構重要なんです。手数料が安いからといって株で勝てる確率は上がりません。
株で負けたほうが手数料以上の損をするのがオチです。

1つの例としては、まず2つほど証券口座を作っておいて、情報ツールは楽天証券を使って、実際に取引するのは手数料の安いライブスター証券
っていうように、それぞれの証券会社のいいとこを利用していくと効率がいいです。

 -